借金問題の相談無料 03-3264-7386
メール相談受付
新堂・松村法律事務所
民事再生の手続き
返済不能になる恐れがある旨を裁判所へ申し立て、借金の一部のみを分割返済することを条件に、残りの借金を免除してもらう手続です。原則として担保のついていない借金の1/5以上の金額を3年で返済していきますが、申し立てをするためには以下の条件があります。
1.継続的に安定した収入を得る見込みがあること。
2.住宅ローンを除いた借金が5千万円以下であること。
尚、住宅ローンについては、担保となっている住宅を所有しながら返済を続けていくことができる特則が設けられています。

メリット
・返済する金額が少なくなります。
・持ち家を含む財産を残すことができます(但し、住宅ローンは支払う必要があります)。
・自己破産とは異なり、職業や資格上の制限はありません。

デメリット
信用情報機関(ブラックリスト)に登録されるので、新たな借入れはできなくなります。


3 「債務整理の方法」に戻る

借金問題の相談無料 03-3264-7386
メール相談受付
新堂・松村法律事務所
1 取り立てをストップ
2 過払い金返還請求
3 債務整理の方法
8 事務所案内
9 詳細はPC用サイトで
0 トップに戻る